まつ毛美容液おすすめランキング口コミで検証その効果

まつげが伸びる目薬ってあるの?

まつげが伸びる目薬

マスカラエクステによって、まつ毛を長く伸ばすことは可能です。
方法によってもちに差はあるものの、やはりどちらも一時的なものなので、落としたり外れてしまった後はまた元の自まつ毛に戻ります。

 

そして、毎日のように繰り返されるビューラーの使用とマスカラの塗布や、マツエクの接着剤によって自まつ毛は少なからずダメージを受けています。

 

「自まつ毛そのものを長く伸ばすことができたらどんなに良いだろう。」と、まつ毛に悩める方のほとんどが少なくとも一度はそう考えたことがあるでしょう。
実は、医薬品である緑内障用目薬の成分によってまつ毛を伸ばすことも可能なのです。


緑内障用目薬でまつげが伸びるってホント?

緑内障用目薬でまつ毛が伸びるのは本当です。

 

「緑内障用目薬を使用していたら、まつ毛が伸びてしまった。」という報告が数多くされたことから口コミで話がどんどんと広がりました。

 

まつげが伸びる目薬

 

その目薬によってまつ毛が伸びるのは、実際には副作用の1つなのですが、その副作用を逆手にとって、今ではまつ毛美容液のように認識され始めたのです。

 

緑内障用目薬には「ルミガン」、「ケアプロスト」などが挙げられますが、その取扱説明書にも副作用としてまつ毛が伸びるということが明記されています。

 

これらの製品を1日1回、就寝前にまつ毛の根元に塗る女子が増えました。まるでまつ毛美容液の代わりのように使っているのですね。

 

ただし、緑内障用目薬の使用によるまつ毛の伸びは、あくまでも副作用であると認識しておくべきです。
他の副作用として、脂質減少作用によりまぶたの皮膚が薄くなり、上まぶたが下垂してしまう場合もあるからです。

 

このことから緑内障用目薬を使ってまつ毛を伸ばすことはおすすめしません。

緑内障用目薬とまつ毛美容液共通の成分は?

緑内障用目薬とまつ毛美容液に共通する成分は「ビマトプロスト」です。

 

ビマトプロストは、毛が生えたり抜けたりする毛周期を長くして、まつ毛を抜けにくくさせる効果があります。
また、毛周期の中の成長期にあるまつ毛の毛包を刺激して、まつ毛を太くしたり、伸ばしたり、増やしたりする効果もあります。

 

このビマトプロストは、緑内障用目薬を使用した患者において、まつ毛の直径・密度・長さの増加が認められたことで、ビマトプロストの製造販売会社のアラガン社が化粧品薬としてのルミガンの用法を調べるために臨床試験をし、2008年にFDA(アメリカ食品医薬品局)から「まつ毛を濃く長くする美容目的での使用」を承認されました。

 

美容目的での使用のために、化粧品としてのビマトプロストの処方は、「ラティース」という名前で販売されています。

 

まつ毛美容液